カテゴリー

カテゴリー「Wake Up, Girls」の12件の投稿

2014年3月29日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(3/28)#12終

最終回 第12話 この一瞬に悔いなし

公式サイトから
ステージ開始の時間が近づく中、リハーサルで佳乃の様子が
おかしいことに気づく真夢たち。
本番直前でのまさかのトラブル発生に、焦りを隠せないWUG!メ ンバー。
デビューから1年、共に励ましあい時にぶつかりながら、
幾つもの壁を乗り越えてきた7人。
アイドルとして、仲間として、大きな決断を迫られる。
Wug4
どうしよう、こんな時に限って。
トイレで密かに足の負傷を確認する佳乃。
リハーサルでも満足に歌って踊れない。
5分だけ持てば良いからと佳乃。
私抜きで出て下さい、ごめんなさい。
棄権しよう、と真夢。
佳乃抜きでも出られるけれど、7人じゃないと意味がない。

WUGの控室を立ち聞きしている志保。
辞めさせないよと割り込んでくる。
I-1クラブ専属のサポートスタッフを連れて来てくれた。
佳乃をテーピングで、取り敢えずはなんとか踊れるようにはなる。
万全を期してフォーメーションを一部変えましょう。
振り付けを変更するメンバー。

9・11でブロードウェイは一早くエンターティンメントを
 復興することが何よりも大事だと考えた。
エンターティンメントは重要です。
決勝戦は6チームが出場する。

アイドルは物語、この1年で彼女たちは色んな物語を紡いできた。
WUGの出番、会場はI-1クラブファンが大多数。
それでも歌と踊りを見て、以外と良いな。
次々に好印象が感染していく。

白木さん、吾妻橋でのゲリラライブはこんな匂いでしたか?
会場全体がWUGの応援に包まれる。
審査の間はI-1クラブの極上スマイル。
勝ったのはあいつらだと白木。

良くやったと声を掛ける松田、涙に濡れるメンバー。
真夢の本当ならあそこに居たんだね。
違うよ、私の居場所は此処だよ。

誰かを幸せにする3つのタイプがある。
世の中の全てを幸せに出来る人。
自分の周りを幸せに出来る人。
自分を幸せに出来る人。
でも、まずは自分が幸せでないと誰も幸せには出来ない。

勝者は中部地区代表の 赤みそオールスターズ。

Bvexからメジャーデビューのオファーが届く。
てっぺん取るわよ。
グリーンリーブズとWUGの明日はどっちだ。

---最終回---

審査員は選ばなかったけれど会場のファンはWUGを選んだ。
そんな感じのエンドでしたね。
エンターティンメントとは何か?そんな話もあったようですね。

I-1クラブの公式ライバルには成れなかったけれど、
 メジャーデビューは出来たWUGでした。
震災からの復興も絡めたアイドルストーリーでした。

結局は何を見せたかったのか記憶に残っていない作品でした。
アイドルは簡単な物じゃない、だからどうするの部分が弱かった気がする。

うーーん、アイマスやラブライブが有って出来上がった作品だと
 思いますが、何が違ったのだろうか。
両作品のような綺麗ごとばかりじゃないことを見せたかったとも
 思えない。
結局は劣化コピーでしかなかったように思う。
両作品はもっと訴える物が多かったと思う。

2014年3月22日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(3/21)#11

第11話 アイドル狂詩曲(ラプソディー)

公式サイトから
予想外の事態により、時間の無い中で急遽新曲を覚えなければいけなくなったWUG!。
しかもそれは、歌もダンスも今までの曲とは比べ物にならないほど
ハイ レベルなものだった。
それでも初のセンターを務めることになった佳乃を中心として、
7人は心を1つにレッスンに励むのだった。
Wup04
I-1クラブが新曲としてCDリリースするのはWUGが歌った極上スマイル。
予選を通過したので本気になって書いた新曲。
7 Girls Warもっと難しい曲。
アイドルなら1日で歌もダンスも仕上げる。
センターは佳乃に任せる。

熱く燃える松田、修造って呼ぶよ。
1ヶ月無い状況でダンスが激しく体力強化も必要。
I-1クラブもWUGが歌った曲なのは分かっていた。
同じステージに立つことは優劣がつく。
志保はWUGを潰すと公言する。
決勝では新曲を引っ提げてくると言う事よ。

応援団も15人分のシートをゲット。
チャンスの神は前髪しかない。
丹下社長の思い付きで作ったチームが大きく羽ばたきそうで
 感慨深い、新社屋の契約書にサインする。

最後の練習を早坂に披露する。
歌2点、ダンス3点、体力4点、チームワーク3点で12点、ギリギリ合格点だ。
5点満点で4点を付けたのは初めて。
有吉って呼ぶよ。

アイドルに満点なんかない、認めてもらうのはお客さんにだから。
佳乃がシュシュを作ってきた。
真夢の母親はマフラーを編んでくれた。
夏夜は叔母さんに御礼を告げる。
菜々美は一人歌唱練習。
藍里は母親からお土産を持たされる。
実波は応援してくれる避難所の老女たちとパーティ。
未夕は原宿や東京の名所を考えていた。

東京へ出発、午後から会場リハーサル。
2万7千人入る会場でI-1クラブの生歌放送、佳乃が緊張して
 ぎこちなくて転んでしまう。
右脚を負傷してしまう。

---最終回 「この一瞬に悔いなし」---

新曲7 Girls Warで決勝に出場するWUG。
全てが順調に進んでいきますが最後に事件発生。
センターで緊張する佳乃が足を負傷。
さて、決勝戦ではどうなるのでしょうね。

最終回の決勝戦に対してタメのエピソードでしたね。
サブタイが黒澤監督作品のパロディらしい。
そこまで詳しくないので分からない。

2014年3月15日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(3/14)#10

第10話 登竜門

公式サイトから
いよいよ迫る『アイドルの祭典』東北ブロック予選大会。
正統派から個性派まで様々なご当地アイドルユニットが
エントリーされる中、自分たちを印象付ける 「WUG!らしさ」とは
何かと丹下社長に問われる真夢たち。
それぞれが頭を悩ませ、周囲の人々にも意見を求めるのだが、
その答えはなかなか見つからない。
Wup04
アイドルの祭典、一次審査の書類選考は通過。
10チームで東北代表を争う、会場、ネット、審査員が採点する。
優勝した1位のアイドルが東京の本選に出場できる。
WUGらしさって何?
男鹿ナマハゲーズは見た目のインパクトで既に有利。

個性を考えて見つめ直す必要がある。
関係者に尋ねても、初々しさ、元気、危なかっしさ。
ライブも50回、遂には大入り満員。
菜々美はアイドルの祭典優勝を目指すと目標を掲げて
 達成するつもりの意気込み。

男鹿ナマハゲーズが佳乃と真夢の前に立ちはだかる。
ライバルを見に来たらしい、スケバン刑事風。

母と話す真夢、I-1では迷惑を掛けた。
上手く言えないけれど、あそには居られなかった。
今の事務所は皆が一生懸命で幸せになれそうな気がする。
あなたの好きにすれば良いと気の無い様子の母。

東北予選はクレッセントムーンが本命、WUGも注目されている。
応援団も集まって応援アイデアを考える。
トゥインクルが訪ねてきた、WUGらしさって何ですか?
それは自分たちで決める物じゃない。
ようやく喧嘩が出来るようになったと礼を言う佳乃。

東北地方予選開始、10チームが仙台シアターで決戦。
真夢母も観戦していた。
真夢の笑顔に母も喜び涙する。

結果発表、優勝はWUG。
母親が真夢のマネージメント契約書にサインしていた。
真夢を認めて許してくれたのだった。

I-1クラブの新曲は早坂の極上スマイル。
WUGの曲と同じタイトルだった。

---次回 「アイドル狂詩曲」---

母親とも和解できた真夢。
内容は良いのですが、真夢の楽しそうな笑顔をもっと
 強調して演出して欲しかったですね。
この作品は、そんな演出が足りないですね。
全般的にメリハリの無い淡々とした映像ですね。

演出も脚色も無い遠巻きにカメラを回しているだけに思えます。
勿体ない演出だと思えますね。
ベタでも感動を与える演出にすれば良いのにと思う。

男鹿ナマハゲーズはTV版スケバン刑事パロディで中のキャラも
 絹宮サキ、六代陽子、風山唯と名前もパロディ。
Twinkleもアンナとカリーナ、アンナ・カレーニナのパロ?

WUGの極上スマイル、ダンスが凄く見えない残念さでした。
このダンスがどうして難しいのか不明です。
CGを使って躍らせればもっと凄い映像になるのに予算や
 日程の関係でしょうか。
最近のCGの発展は凄いですから、プリキュア・ダンスは群を
 抜いています。
マクロスFのボックス発売のCGが悲しく見えるほど凄い。
サンジゲンのそにアニEDのCGも見事ですね。

2014年3月 8日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(3/07)#09

第9話 ここで生きる

公式サイトから
I-1時代の過去を語ろうとしない真夢に対する佳乃のわだかまりが
ついに噴き出し、チームに暗雲が立ち込める中、夏夜の
提案により合宿を行うことになった WUG!。
宿泊先は彼女の親戚が経営する、気仙沼漁港の程近くに建つ旅館。
仲間と共に久しぶりの港町に向かう夏夜は、その胸に誰にも
明かさぬある想いを秘めていた。
Wup04
夏夜の提案で気仙沼に合宿に向かうメンバー。
気仙沼には彼女の叔母さんが経営する民宿があるので
 格安で宿泊可能だった。

気仙沼は復興中で更地が出来ていた。
両親が早くに亡くなり叔母さんが親代わりだった夏夜。
夜に毎日走っている真夢。
夏夜の秘密の手紙、気仙沼に居るのが辛くて仙台に逃げた。
幼馴染は強い相手に挑戦すれば上手くなることを教えてくれた。
5人のメンバーも起きて覗いていた。

真夢は誰かを幸せに出来る人は3種類いる。
世の中の全ての人を幸せに出来る人。
身近な人を幸せに出来る人。
自分自身を幸せに出来る人。
真夢は自分を幸せにしたいと思ってWUGに参加した。

12歳から2年間I-1を頑張った真夢。
最初は楽しかったが、厳しい戒律でがんじがらめになった。
それで苦しくなって来た。
仲の良かったせりかが明日から来なくても良いです。
アイドルは恋愛禁止です、人間である前にアイドルです。
白木に反抗した真夢、志保がセンターの曲が真夢の
 センターの曲よりランキングで上位なら解雇です。

真夢のために全てを犠牲にして頑張った母親。
両親は離婚した。
そして母親と仙台に逃げてきた。

それを聞いて菜々美も光塚音楽学校の入学を
 延期してWUGに専念することを決意する。

---次回 「登竜門」---

この真夢の過去告白の後で友達を見捨てないと
 藍里を説得に行った方が良いストーリーだったと思う。

全員のエピソードを描く時間が無いので夏夜と真夢の
 エピソードで全員が一丸となって絆を結べたことになるのでしょうね。

子役の世話に母親が必死になって両親が離婚した実話を
 聞いたことがありますね。
そんなエピソードでしたが、母親が異常に思えますね。

WUGメンバーに思い入れの出来るような熱い演出は無いのですね。
そこは、アイマスやラブライブが行っているので
 意識して外しているのでしょうね。
ただ、そうすると何を中心に見るのが良いのか悩みますね。

2014年3月 1日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(2/28)#08

第8話 波乱

公式サイトから
全国のご当地アイドルがナンバーワンを競い合う、年に一度の
大イベント『アイドルの祭典』に、WUG!もエントリーすることになった。
優勝チームは大手レ コード会社とメジャー契約を結べるとあって、
メンバーのやる気も高まる。
ところが盛り上がる一同を横目に、菜々美は一人浮かない表情を見せていた。
Wug05
早坂がアイドルの祭典にエントリーした。
そして新曲を製作してきた。
この曲とダンスをマスターしてもらう。

全県シアター計画も年末には完了するI-1クラブ。
アイドルの祭典で各地方のローカルアイドルが出現するのも
 ライバル出現で歓迎している白木。
I-1クラブメンバーも早坂がWUGのプロデュースを知っていた。
当然、白木も知っているがライバルが出現するのは歓迎
 なので自由にさせる方針。

アイドルの祭典の決勝戦はI-1アリーナで開かれる。
優勝者には大手のクイーンレコードと契約が出来る。
練習が終わって佳乃はメンバーを食事に誘う。
一人、菜々美は残って松田に光塚への入学を目指すことを
 伝える、アイドルの祭典には参加しない。

実波が取材で行ったパンケーキ屋さんに向かう6人。
評判になってI-1クラブも取材に来るらしい。
取材に来た志保が真夢を呼び出す。
早坂さん厳しいでしょう。
祭典には、遊びじゃなくて本気で出場しなさい。
叩き潰してあげるから。

藍里の個人レッスンを手伝う真夢。
しかし余裕がなくなり始める。
一人残って練習する藍里に付き合う菜々美。
どうしてそんなに頑張れるの?
せっかくもらったチャンスだから。
小さい頃から習い事が続かなかった、中途半端だった。
WUGの一番のファンだから、頑張りたい。

早坂に新曲を披露すると20点だ。
20時間の練習にI-1クラブの半分にも満たない。
今のままでは予選落ちだよ。
レッスン時間が短すぎる、もっと考えて効率よくレッスンしようよ。
これではI-1に勝てないと真夢。

I-1に拘る必要なんてないと真夢に真っ向から対峙する佳乃。
辞めた理由を話してくれても良いんじゃない?
そんなの関係ない。
関係なくない。

合宿を提案される松田。
そろそろガス抜きして良い頃ね。

---次回 「ここで生きる」---

ようやくWUGメンバーが一致団結しそうですね。
前回の藍里エピソードは、この後でも良かった感じですね。
一人、菜々美は迷っている様子ですね。

そして佳乃もようやく真夢と本気でぶつかれそうですね。
皆が思うことを打ち明けられた後に真の団結と言えるでしょう。

真夢が中心でI-1を越えるハードなレッスンをしないと
 勝てないでしょうね。
それに気づいた時にようやく勝負になりそうですね。
アマチュアだからバイトが必要、一方プロのI-1クラブは
 1週間フルにレッスンできる。
時間的には明らかに不利なんですよね。

でも・・・最初のクリスマスの飛び入りショーで
 そこそこ歌って踊れたことが矛盾にも感じますね。

2014年2月22日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(2/21)#07

第7話 素晴らしき仲間たち

公式サイトから
早坂は藍里にWUG!を辞めさせると宣言し、それを承諾
できなければ全員をクビにすると、真夢たちに選択を迫る。
その場で早急な結論を求められ、焦る心か ら言い争いとなってしまうメンバー。
仲間を切り捨ててまでWUG!の活動を続けるべきなのか、
アイドルとしての厳しさを突きつけられた6人が出した答えとは……?
Wup04
何でそんなこと言ったのですか?
早坂の言動に怒る松田マネージャー。
どうするのリーダー?
真夢は藍里には戻って来て欲しい。
これがI-1クラブとの違い。
光塚への通過点だから辞めると菜々美。
アイドルとは、そんなものなの?
WUGには藍里が必要。
連れ戻してくる。
佳乃と真夢が藍里の下に走る。

これが結論で良いわね、社長に直談判しましょう。
話す相手を間違っているわ。
藍里は切らない、レッスンは続けろ、ムシが良過ぎるだろう。
クレーンゲームで3つ取ったら考える。

藍里を説得する真夢と佳乃。
皆が可愛くて自分もと勘違いしていた。
藍里のお陰でもう一度アイドルを目指そうと思った真夢。
あの頃とは状況が違う。
皆の足を引っ張るだけだよ。
一人で悩まないで、何のためのグループなの。
リーダーとして初めて命令する、持って来てよ藍里。

継続は力だと父に言われる藍里。
早坂も続投を了承する。
やっと言いたい事を言えたと佳乃。

アイドルの祭典2014にエントリーしてもらいます。

---次回 「波乱」---

なんか良く分からないエピソードでしたね。
グループでは言いたい事を言い合う、のがメインテーマ
 だったのだろうか?
グループが結束する必要性があることを学ぶエピソード
 だったのだろうか。

メンバーたちの気持ち、考えが全然伝わらない作品です。
台詞も頓珍漢で説得力も熱くもない。
あえて、そう作っているのだとは思いますが、不完全燃焼ですね。

色々な困難、トラブルを乗り越えてアイドルとして
 メジャーになっていくのだろうか?
目指すものに向かってステップアップしていくのだろうか?

アイマスやラブライブのような派手さ明るさが無いのに、
 熱さも無いと何で勝負するのだろう・・・。

2014年2月15日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(2/14)#06

第6話 まだまだだよ

公式サイトから
突然グリーンリーヴズに接触してきた音楽プロデューサーの早坂。
彼はI-1クラブをスターダムに押し上げた立役者の1人であり、
現在もその活動に関わりな がら、なんとWUG!を
プロデュースしたいと申し入れてきた。
その条件としてWUG!に関する全権が早坂に委ねられ、
真夢たちにこれまでになく厳しいレッスンが課せられる。
Wugi1_2
僕に任せろと早坂相が丹下社長に接触する。
早坂相はI-1クラブの音楽プロデューサー。
もうI-1クラブでは何もインスパイアされないから。
ノーギャラで毎週土曜日にレッスンをする。
I-1クラブの白木は知らない独断。
彼とは専属の契約もしていないから。

毎土曜日にレッスン、第2、第4土曜日は一日3ステージのライブ開催。
全権を掌握する早坂、真夢とは入れ替わりで知らない。
発声の基礎からレッスンを始める。
グループだから何でも話してと藍里。
藍里はWUGの一番のファンだから、メンバーを良く見ている。

4人は光るものを持っている、2人は見せ方による。
林田藍里は駄目、ボトルネックだから切る。
レッスン後に藍里を呼び止め、アイドルになろうとした理由を尋ねる。
自分を変えたい、思ったより楽しい。
我々は作る側、自分が楽しんでどうする。
才能が無い、考え直すなら今だよ。
藍里を一人待つ真夢、藍里は一人別で帰る。

I-1クラブ仙台シアターこけら落としで3名が来なかった。
これは初めての事、WUPは近い将来追いついてくる。
その時には全力で蹴落とすのです。

WUGのライブに観客は4人、1時間のライブを2,4,6時に開催。
藍里はダンスで転んで落ち込んでしまう。
幼稚園のお遊戯レベルです。
罵倒されても耐えるだけのメンバーだった。

レッスンに藍里が来ない、今まで遅刻したこともない。
林田藍里は必要ないと思う。
切るならレッスンを始める、出来ないなら全員クビだ。
10分で結論を出せ。

---次回 「素晴らしき仲間たち」---

この作品は結局WUGのメンバーが自分たちで何かを感じて
 行動する作品ではないのですね。
此処までは彼女たちが自主的に頑張る、励ます部分は
 描かれないのですね。
それが初めて次回に描かれるのかも?というところですね。

アイマスではプレイヤー、視聴者がプロデューサーなので、
 アイドルたちが自分で考え解決することが主眼です。
ラブライブはスクールアイドル、素人なので、マネージャーや
 プロデューサーはいないのですよね。

それに引き換え、この作品はそちらがメインにも
 思えてきます。
結局、アイドルは作られた存在、商品というのが
 メインテーマなのでしょうか。
なのでメンバーの個人エピソードが無いと個性や
 目標など良く分からないのですよね。
彼女たちの頑張りや感情が伝わって来ないですよね。

公式サイトのキービジュアルが変わってました、
 メンバーが6人に・・・

2014年2月 8日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(2/07)#05

第5話 天国か地獄か
Wakeupgirls
公式サイトから
いよいよ二曲目が完成して再びライブを行うことになったWUGだったが、
なんとその日はI-1クラブ仙台シアターのこけら落とし公演当日でもあった。
街中がI-1クラブ一色に染まり、圧倒的な力の差を見せつけられる中、
それでも真夢たちは精一杯自分たちなりのレッスンに励み、
地道にライブの宣伝をしていく のだった。
Keyv02
偶然I-1Clubの志保と出会った真夢。
良く戻って来る気になったね。
私達に迷惑かけたことは忘れないでね。

Twinkleが2曲目の16歳のアガペーを作ってくれた。
5/25にマカナでライブをするわよ。
その日はI-1Clubの仙台シアターこけら落とし当日。

I-1Clubもアイドル好きの白木の趣味から始まった。
スカイツリーの無い頃の押上げのご当地アイドルだった。
吾妻橋でゲリラライブから始めたが口コミで噂が広まった。
丹下社長もやる気はある。

ライブの曲決め、七瀬佳乃が取り仕切る。
しかし歌いたい曲が決まらない。
ライブハウスで練習中にTwinkleが陣中見舞いに来る。
喧嘩できてるの?
言いたい事があったら言った方が良いよ。
七瀬佳乃は島田真夢を意識しているのか、言いたい事が
 有りそうだが言わない。

I-1Clubは当日満員、WUGは10人程度。
それでもミス連発でボロボロ。
ほくそ笑む関係者が居る。
楽屋で落ち込むメンバー、社長はそんなことならと撤収。

I-1Clubの観賞を提案した丹下社長。

岩崎志保に先日の質問に答える真夢。
やっとアイドルが好きになれそう。

僕に任せなさいと丹下社長に話す業界人。

---次回 「まだまだだよ」---

何を描きたかったのでしょう。
当然人気アイドルに勝てるわけがないのですが、
 それでも頑張る姿を見せたい?
落ち込んでショックな姿を見せたい?
最後にI-1Club観賞って、よくチケットが取れましたね。

メンバーの衝突や、悪用したい大人や色んな障害が
 あるのでしょうが、それらの伏線と種を
 描いたエピソードだったのでしょうか。

だから何なの?という感想しか浮かばない。
不穏な空気、種を描きながらも、芯となるエピソードが無いので
 見てそれで終わりなんですよね。

2014年2月 1日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(1/31)#04

第4話 スキャンダル

公式サイトから
テレビに続いて短い放送時間ながらもラジオの冠番組も決定。
更には2曲目の制作にも取り掛かることになり、一歩ずつ順調に
アイドルとしての道を歩み始めた WUG。
だが、その活動の様子が徐々に世間に広まっていくにつれ、
アイドルとして復帰した真夢に対する、決して好意的ではない話題も
人々の間にあがり始めていた。
Wakeupgirls
元I-1クラブのセンターの真夢が仙台でアイドル復帰。
ネットの書き込みには悪意が殺到する。
それを見た番組制作会社の社員が悪意に満ちた笑みを浮かべる。

ラジオで1分間の帯で冠番組が決まる。
追い風を感じる丹下社長。
真夢は、まだ来ない。

真夢の母親はアイドル再開に怒っていた。
こんなことなら辞めなければ良かったのに。

アンナとカリーナが事務所を訪れる。
2曲目の依頼、前作同様歌いやすい楽曲をと注文。
真夢が到着、オーラに陰りがあると丹下社長。
戻って来てはいけなかったのかもと思う真夢。

ドキュメント番組の制作依頼が丹下に届く。
KT-Xが全国ネットでブレイク寸前の地方アイドルの番組を作る。

I-1クラブはI-2,I-3まである巨大アイドルグループ。
4人がお払い箱で10人が新規加入。
モットーは、休まない、愚痴らない、考えない、いつも感謝。
かつての仲間は真夢が仙台で再開したことを知る。

I-1クラブの友人、吉川愛から真夢にメールが届く。
一緒に仕事が出来れば良いね。

KT-Xの鈴木と山田が事務所を訪れて撮影を始める。
先ずはアイドルになった理由を訪ね始める。
真夢にはI-1クラブを辞めた理由を尋ねる。
表向きはセンター争いに敗れたことになっているけれど、
 真実は恋愛?お金?失礼な態度に怒るが逆らえない松田。
丹下社長が怒って殴る蹴る。
都落ちアイドルの奮闘記、が真実の番組名だった。

丹下社長が真夢と話す、心の傷は癒さないといけない。
アイドルになることで手当てできるはずでしょう。

真夢あってのグループでしょうと鈴木に言われたことが
 癪に障るメンバー。
そう言われないためにもスキルアップが必要だよね。
真夢の辞めた理由が気になるWUGメンバー。
話してもらえないと言うことは信用されていないのかな。

お忍びのI-1クラブ岩崎志保と偶然に出会う真夢。

---次回 「天国か地獄か」---

好意的な扱いばかりじゃない、悪意に満ちた取材や番組
 制作者もいると言う事でした。
しかし怒って蹴って殴れば終わる製作者のエピソードって
 雑な感じですね。
見せたい事は分かるのですが、表現と演出が悲しいですね。
会社名がKT-Xって大丈夫なのかな。

一度辞めたことを再開するのは、倍以上の力が必要は
 良い言葉ですね。
真夢の辞めた理由と再開した理由を描くだけで2,3話を
 使って欲しいですね。

この作品のダンスって変な動きでCGじゃないですよね。
セル画ですよね?
それがスタッフの疲労に繋がっているのではないかと勘繰りたくなる。

2014年1月25日 (土)

Wake Up, Girls! テレ東(1/24)#03

第03話 一番優しく

公式サイトから
行方不明だった丹下社長がグリーンリーヴズに戻り、ようやく
 WUGは本格的に活動を再開。
早速社長が持ってきた仕事は、バラエティ番組の天気予報と
グルメ 情報のミニコーナーだった。
二組に分かれてそれぞれのコーナーを担当することになったのだが、
中でもグルメチームの実波がその食べっぷりを発揮して絶賛される。
03_1
仙台TVの3分間のミニコーナー、月水金がグルメレポート。
火木土は熱湯天気予報。
アイドルもハゲヅラ、パイ投げ、熱湯にもチャレンジする時代。
丹下社長の持ち込み企画だった。
熱湯天気予報は誰もやりたくない、くじ引きとなる。
03_2
熱湯風呂は厳しい、マネージャはアイドルを守る者でしょう。
文句を言って着ぐるみのアニマル天気予報に変更。
台本には何も書かれていないので自由にアドリブの意味。
03_3
最初のグルメレポートは、雨の中、マリンパーク塩釜で
 ほやを屋外食べるレポート。
大食いの実波は石巻の特産で大好き、好き嫌いも無い。
でも美味しい以外の表現をしくよろね。

牛タンチャレンジ、美味しいが言えなくて困る実波。
うんめいにゃ。
実波のうんめいにゃも好評。
石巻の仮設住宅で民謡クラブに入って歌う実波を
 スカウトした丹下社長。
仙台TV感謝祭でミニライブの枠を貰える。

真夢の母はアイドル活動再開を知って怒っていた。
石巻の民謡クラブが実波のライブを応援に行こう。
実波はお日様のようだから黄色が似合う。
準備しているが当日に一人が入院したことを知る。
心配でライブにはいけない、病院に駆けつける。
大丈夫だから、ライブに出ないといけないと諭される。

ライブに何とか間に合う実波。
真夢が仙台でアイドル活動していることを知る業界関係者。

---次回 「スキャンダル」---

実波の大食いレポートと仮設住宅での過去でした。
そして次回明らかになる真夢の過去のネタ振りでした。

丹下社長が良いキャラですね、それと反対の無能役の
 松田マネージャーでした。
熱湯天気予報が厳しいのでアニマル天気予報に変更させる
 アイドルが無理在りますね。
最初からアニマルにすれば良かったのに。

現実的な良い事ばかりではない世界も見せるそうですが、
 我儘なアイドル気取り。
無能だから文句ばかり言うマネージャーと相手よりも
 自分たちの問題が多過ぎですね。
先ずは自分たちの意識改革が必要ということでしょうか。
ライブ成功にしても達成感も無い演出で盛り上がらないですね。

色んなアイドルの描き方があるのは分かりますが、
 アイマスなどに比べて演出も単調でイマイチですね。
今時「しくよろ」などの逆さ言葉を使う業界人って居るの?
バブルで終わったと思ってましたが分かりやすさの演出かな?

ほやは海のパイナップルと呼ばれるイソギンチャクの仲間です。
磯臭いです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ